Site Overlay

西村 洋一
[ヴォイス講師]

経歴

1967年生まれ。鹿児島県出身。
東京工業大学情報工学科卒。在学中に関わった英語劇がきっかけで、演劇の道へ。
卒業後に、下北沢の劇団 京で数年間活動。
96年にロシア国立サンクトペテルブルグ演劇大学(現ロシア国立舞台芸術大学)に入学、演出学科にて学ぶ(一年間は文化庁芸術家在外研修員として)。在学中は、演出家のトレーニングと並行して、俳優のトレーニングも受ける。2001年に5年間の課程を修了して卒業。

帰国後は、演出や俳優トレーニングを行なう。俳優トレーニングの内容は、スタニスラフスキー・システムに基づいた、演技、レーチ(声と言葉と台詞のトレーニング法)、身体訓練など。
日本演出者協会主催の「演劇大学INにいがた」に、2013年から三年連続で講師。ヴォイスのクラスを担当して、好評を得る。
2014年にロシアのクルガン人形劇場にて『かぐや姫』を演出。2016年、ロシア最大の舞台芸術賞である「黄金のマスク」賞に、『かぐや姫』がノミネートされる。
2018年より新潟芸術座の講師。第一期として一年半に渡るワークショップを行ない、演技、ヴォイス(レーチ)、身体トレーニングなどを教える。その成果として、チェーホフの『かもめ』を上演。新潟のシネ・ウインド演劇賞において、『かもめ』が大賞など六部門を受賞

Scroll Up