Site Overlay

語(KATARI)・奏(KANADE)・舞(MAI) 「日本の陰影」

陰影とは光の向こう側にあって奥行や深みを示す。

演劇企画JOKOの今回の公演は、明治以来の日本文化のこうした相克に迫り、西欧的輝きの中に見失った“日本の実像”を、日本文学の名作に残されたその“陰影”を追うことにより再発見しようとする新たな試みです。当公演では、日本文学を代表する、夏目漱石と芥川龍之介の作品から、夏目漱石「夢十夜」と芥川龍之介「藪の中」を取り上げ、美しい日本語による近代日本の原点を、日本舞踊と音楽とのコラボレーションで再現します。

演出には、福田恆存主宰の現代演劇協会出身で日本語表現に厳しい村田元史を迎え、ベテラン俳優とともに若手俳優の挑戦を支えます。

音楽は劇音楽の第一人者である上田亨の新作を、現代邦楽界を支える望月佐太寿郎をはじめ若手邦楽師たちが奏で、若き日本舞踊の担い手三代目 藤間 紫が舞います。

詳細な公演情報・予約はQRコード・下記リンクへ!
https://ticket.corich.jp/apply/114620/

新型コロナウイルス感染防止対策

・建物入口に手指消毒液を設置しております。
・客席、ロビー等の上演前の換気を徹底、上演中も小型換気扇は稼働させ空気の入れ替えを行い、空気清浄機は静音モードで稼働させます。

【お客様へのお願い】

・咳エチケット、マスク着用、手洗い・建物入口での手指消毒をお願い致します。
・37.5 度以上の発熱、咳・咽頭痛の症状のある方は、ご来場をお控え頂きますようお願い申し上げます。
・建物入口にて非接触型の検温器による検温を実施致します。
・万が一感染者が発生した場合に備えて、ご来場者全員に「来場者カード」への氏名・連絡先・座席番号等のご記入をお願い致します。
★「来場者カード」にご記入いただきました情報は、感染者が出た場合に豊島区保健所等の公的機関へのみ提供し、ご観劇日より3週間経過後、責任をもって破棄・削除致します。
・出演者、関係者へのご面会はご遠慮させて頂きます。プレゼント、差し入れ等もお控え頂きますようお願い致します。

プレトークのお知らせ

日時:10月30日(土) 17時30分~19時30分
会場:みらい館大明(池袋駅徒歩10分)206室
講師:みなもとごろう氏(演劇評論家 元日本女子大学教授)
演題:「日本の近代文学と英国 ”1890年代文学”~帝大英文科人 漱石と龍之介
申込: joko-matsumoto@777.so-net.jp
締切:10月29日(金)20:00 料金:2,000円(当日)