Site Overlay

講座内容

ブラッシュアップコース
Aクラス(どなたでも受講可)

🎭コンディショニング(オンライン)

👉自分の身体に意識を向け、ニュートラルな身体に戻します。
👉呼吸ー身体ー動きのつながりを体験し、自分でコントロールできるようにします。
👉背骨、胸部の骨格を柔らかく使い、良い姿勢を作ります。

🔊演技に直接役立つボイス(オンライン)

👉身体の全体と繋がった声を出せるようになります。
👉身体の全体と連動した滑舌を習得できます。
👉相手役を動かす声と言葉を実践できるようになります。

👉せりふを生きた言葉として発することができるようになります。
👇 Youtube動画をチェック!

📜台本読解(オンライン)

🍀台本をもらってから稽古初日までにやることを学びます。
👉作家と作品背景を知る。
👉テーマを見つける。
👉段落分けをする。
👉登場人物の役割を見つける。
👉役として読んでみる。

🤴役を作る9つの方法(対面)

👉そもそも「役」を「作る」ってなに?
👉テキストから役を「知る」ために必要な3つのステップとは?
👉役を「作る」ために必要な考えるべき9つの質問とは?
👉役を「深める」ために必要な身体と心を手に入れるためのエクササイズ!
👉テキストを使い、与えられた役を演じられるようにするには?

🎶歌のお悩み相談室(オンライン)

👉歌う」ために必要なことを知る。
 ・身体の仕組みについて学ぶ。
 ・呼吸とは何か?
 ・「聴く」ということは?
 ・「あんな感じ、こんな感じ」ではない発声法とは?
👉理論に基づいて実践してみる
 ・頭で理解したことを身体に覚えこませ、「自分の楽器」を造るためのトレーニングをする。
 ・必要な「力」と使うべきではない「力」を知る。
 ・感じる、考えることの大切さを知る。
👉楽曲を歌う
 ・ここで学んだ発声法の基本をあらゆる言語、あらゆるジャンルの多様な楽曲に応用させる。
 ・自分の声のパレット(声の色の可能性)を見つける、広げる。
 ・「声」そのもので歌の内容を人の心に届ける。

Bクラス(活動歴3年以上)

🕺インプロ・感情解放(対面)

👉「目的・障害を通したインプロ」
 登場人物はある目的をもって行動していますが、目的を持って行動すればするほど、そこに障害が立ち現れ、そこで登場人物は葛藤することになります。これがドラマを生み出すわけですが、この目的と障害を理解しないと、なぞそこに登場してきているかがとてもあいまいなものになってしまいます。そこで、このクラスではインプロのエクササイズを通じて、目的・障害をたのしく理解していきます。また、この目的・障害を理解することが、戯曲を読む力にもつながっていくということを理解できると思います。


👉「感情解放」 
 自分は鈍感でどうしても感情があまり前に出てこない、強い感情が苦手、もっと自分と向き合いたいなど、とことん体を解放し、感情に取り組むクラス。かなりアグレッシブなクラスになります。体を緩め、声を使い、激しく動きながらも集中し、自分と対峙していくクラスです。

👨‍🎓演技に直接役立つボイス(対面)

👉より深い呼吸からの声を出せるようになります。
👉よりエネルギーのある声が出せるようになります。
👉身体全体と連動した滑舌を手に入れることが出来ます。
👉戯曲への応用の仕方を学べます。
 ⇒シーンの状況を踏まえた声と言葉を習得します。
 ⇒シーンの課題をふまえた声と言葉を習得します。
 ⇒相手役との交流を生み出す声と言葉を習得します。

✨演技クリニック(オンライン)

👉基本演技術の応用
 *現場で課題になった問題点を提供しあいつつ、「基礎演技の応用」という形での解決法を探る。
⇒ スタニスラフスキー理論と演出家のダメ出しをつなげる
⇒ ユニット分けと暗記をつなげる
⇒ リサーチとセリフをつなげる

👸演劇史(オンライン)

🌸関わる戯曲の演劇史知識を得て実際に活かしたい方におススメです🌸
👉西洋演劇史
👉日本現代劇史
👉各自から持ち込まれた戯曲についての演劇史的指導をします。
⇒時代に合ったせりふの話し方、所作などの研究

👨‍🏫本が上手に読めるようになる朗読講座(対面)

🌸小説・童話・戯曲などを声に出して喋りたい、朗読したい方におススメ
🌸朗読や芝居のせりふを自分のものにしたいという方におススメ
🌸子供や孫に絵本を読み聞かせたい方におススメ
🌸老人ホームなどで、小説などを読む仕事をやりたい方におススメ
👉美しい日本語を喋るには、何に気をつければよいのか、楽しく学びます。
👉第二期は夏目漱石「夢十夜」を読みます。
👆この講座の受講生は、秋に行われる朗読公演に出演できるチャンスがあります👆

🎪芝居やろうぜ!(対面) 週に2回

👉週に2回、計12回で小作品を創り上げます。
👉役作りの仕方、戯曲読解の方法を実践で応用できる場です。
👉様々な戯曲にチャレンジすることが出来ます。
👉ほかの講座と併用することによって、より現場での即応力に役立ちます。

🎶役柄で歌う基礎を学べる歌唱(対面)

👉楽器造り
*歌うための楽器(身体)造り
*全身を使った豊かな声
*芯のある響き
👉感性を磨く
*音を聴く耳
*音楽を感じる感性
*楽曲を分析する力
👉表現力
*言葉を大切に伝える
*リアリティある表現
*様々なキャラクターで歌う技術
*セリフと歌の自然なシフト


 


 

Scroll Up